"ドラマ"なんかではない。

※批判的な内容含みます。嫌な方は今のうちにこのページを閉じてください。

 

 

 

いわゆる3人体制。

君にHITOMEBORE発売からCha-Cha-Cha-チャンピオン発売まで。

いやもっと長い間かもしれない。

あの時期はドラマチックでもなんでもないのだ。

 

 

あの時を知らなかった人に、この時期のことを詳しく知って欲しいとは思わないし、

あの時期を知らないファンが増えていくことが嬉しくないはずがない。

 

 

だけど、せめて。

あの時期を知らないからこそ。

 

実際に自分が見ていない時期のことを

"ドラマ"だなんて言わないで欲しい。

 

 

あの時期はドラマでもなんでもなかったのだ。

自担がなにかすれば揚げ足を取り叩く民がいて、

ファンも目の前の担当の言葉を信じる他なく、

ずっとずっとナイフが飛び交っている状態。

 

 

担当だから、大好きな人だから、

何かしらの発言や行動で叩かれるのは精神的にキツイ。

それは家族や友達を悪く言われるのが嫌なとおり、

アイドルも例外ではありません。

だって、大好きな人だから。

 

 

あの時期にTwitterを辞めた人を何人も知っています。

自担に酷いことを言われて耐えられない人も、

あの状態に耐えきれなくてファンを辞めていった人が何人もいるんです。

 

 

決してそれはドラマではありません。

 

 

3人体制を経験したSexy Zoneが、

今5人で活動出来ていることは奇跡かもしれないし、もしかしたらファンの声があってこそのものかもしれないし、元々仕組まれていたことなのかもしれない。

それは私たちファンには知る由もないでしょう。本人たちからの言葉がない限り。

 

 

でも、5人で活動できている今。

あの時期のことを掘り返す必要はないんです。

 

 

だって、今のSexy Zone5人がとても素晴らしいから。

 

 

どうか、今の目の前にいる5人を見てください。

 

 

どうか、自分の知らない時期の彼らを"ドラマ"なんて言わないでください。

 

 

新しくファンが増えるのはとても嬉しいです。だって、Sexy Zoneの単独東京ドーム公演が近づいている証拠だから。

ペンライトの海に溺れる5人を見たいから。

 

 

どうか、新しくファンになった人たちの心にわたしのブログが届くといいなぁ、と思います。

(と同時に、自分が自衛する必要があるのも理解してます。)

 

 

おわり。

アイドルはおもちゃじゃない。

去年も同じようなブログ書いたなぁ、と思いつつ今年も同じようなブログ書きます(笑)

 

http://kento03131013.hatenablog.com/entry/2017/01/22/025117

 

アイドルはおもちゃじゃないです。

ひとりの人間です。

失敗も成功も挑戦も挫折も経験するでしょう。

 

なのに、髪型一つ変えただけでほんっっっっっっとうにうるさい。

別にその髪型は嫌いなのはどうでもいい。他人の好き嫌いなんて知らないから。

でも、わざわざ「最近露出増えてるのに><」とか「健人くんには人気になってほしいから言うんだよ(>_<)」っていう同担。

あーーーーほんと回りくどい。嫌いなら嫌いって言いなよ。わざわざ他所を巻き込んで否定するのが本当に気持ち悪い。

○○のこと考えてて言ってるんだよ><って、○○くんが悲しむのでそういうことしないでください!って言うやつと同じだと思ってて、他人の感情のことなんてその人にしか分からないから。他所への影響なんて、好きになった時点で大半のオタクは客観視なんて出来ないから。

 

 

っていうと、まぁ出てくるんですよね。

「なんでも肯定ってお花畑かよ」「盲目じゃん」みたいな人達がね。

そう思ってるならもうそれでもいいんだけど、全力で否定させていただく。

私が彼のことを全肯定するのは、今までずっと見てきた中で、彼がなにか間違えた方向にいきそうになっても、失敗してもしそうになっても自分、又は誰かの力を借りて軌道修正出来る、戻ってこれる力を持っているからだ。

 

もう一度言う。

私の全肯定は盲目故じゃない、彼への信頼故だ。

 

 

なにかひとつ自分の理想から外れただけでグチグチ文句言うオタク、それはもうオタクじゃなくてただのアンチだよ。特に、わざわざ別アカ作ったり、タグつけて文句言う人達ね。

冒頭でも言ったとおり、アイドルはおもちゃじゃない。ひとりの人間だ。

もし、好きなアイドルが自分の理想から外れたらそれはもう自分から離れるしかない。相手を変えようとする力なんて我々オタクはもっていない。

 

 

どうか、オタクという仮面を被ったアンチが減りますように。

またひとつ夢が叶ったね。

Sexy Zoneさん、

24時間テレビメインパーソナリティ就任決定おめでとうございます!!!!

 

2年前の夏、予告無しに健人くんが出たときにいつか健人くんが、Sexy Zoneでメインパーソナリティをやるときにまた黄色いTシャツを見たいな、健人くんの夢のひとつにメインパーソナリティをやることもあるだろうな、と思ったときからもう2年、まだ2年。

 

いつか絶対に24時間テレビを任せてもらえるグループになって欲しい、と思っていたのがこんなにも早く叶うとは思っていませんでした。

でもそれと同時に消去法からいっても今年のメインパーソナリティはSexy Zoneさんだろう、って年末からお友達と予想してて。

順番的に回ってきても任せられるかどうか、みたいな問題もあると思うから本当に本当に嬉しくて。土曜日バイト終わり友達と電話しながら泣いて、昨日も泣いたし、今日も泣きそうだし(笑)

本当に本当に嬉しくてしょうがないです。まだまだ若いからこそ出来ること、同世代のセクゾちゃんだからこそ伝えられること、たくさんあると思います。どうか、Sexy Zoneらしさ、自分たちのひとりひとりの想いを大切に。

 

今年の夏も大切な大切な夏になるね。

応援しています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、終わりにしたかったんだけど最後に一言。折角本人たちが喜んでて、ファンも喜んでるところに何故わざわざ水を差すように「私この番組嫌い」宣言する人がいるのでしょうか。その思い自体は人それぞれなので否定しないです。でもそれを言うことでなにかプラスにはたらくのでしょうか?

どうか、羽ばたこうとしてる5人の翼を折るようなことになりませんように。

松本潤さんの頭の中が宇宙だった話。

お久しぶりです。

半年ぶり?です。

今日はタイトル通り松本潤さんの頭の中が宇宙だった話をしに来ました。

 

そう、そうです。

毎年年末恒例松本潤さん絶賛タイムです。

なんで絶賛かってもちろん

ARASHI LIVE TOUR 2017-2018 untitledが

素晴らしいを通り越して素晴らしかったからです!!!!!!!!!!!!!!

はーーーーーー本当に素晴らしかった。

私は誰がどこかでどんなに文句を言っていようと、松本潤さんが作るコンサートは天下一だと思っていて、文句言うやつは降りてしまえ、と思っているんですけどww

今回のコンサートはそんな声さえもねじ伏せる圧倒的強さみたいなのがありましたよね......(ここからネタバレいきます。嫌な方はまた今度読みに来てください!!w)

  

 

 

 

 

 

まず何がすごいってメンバー紹介みたいなオープニング映像を入れてこないのがすごい...

ジャニーズってまずオープニング映像で各メンバーの名前が出てきてテンション上げさせる、みたいなくだりあるじゃないですか。

あれはあれでいいと思う、というかあれがないという選択肢が今まで私の中でなかったから今回は本当にびっくりした...初めて見るのがご本人様たちの本物の姿っていうのが凄い...嵐さん強い......(完全敗北)

 

次にI'll be thereで出てくるあのモニターですよ。東京ドームがデュアルモニタールームになった。いや、まじで本当に。メンステの背景全部がモニターになるの。セットが一切なくなって全面モニターになるの。何言ってるかわからないじゃん??わかる、私もあれが現実だったのが受け止めきれない。

私今回40ゲート、しかも100番以内(ホーム側)の最後列っていうまじで天井席だったんですけど、あのモニターが出てきた瞬間距離感バカになった。割と東京ドームは入っている方だけど、あんなに近くに感じたの初めてでした...お顔が大きい、体も大きい...なんてったって迫力がすごい...広角カメラすごい(そこ)

そしてあのモニターで見るSong for youの群舞の美しさったら...メンステにいる嵐さんとJrたち×2みたいな構図になるのが本当に美しくて美しくて...早く映像ください......

あとあとあのモニターを五分割カットして一人一人の表情がしっかり見れるのなんて贅沢なんだろう...と思った。天井だとやっぱり双眼鏡が手放せないけど、そうなると一人の表情しか見れないし......っていう悩みを完全に解消してくれたのがあのモニターだった。双眼鏡なんていらない、と思った。あーーーーーなんて贅沢なんだろう...

 

 

そしてメンステのセット。背景全面モニターになるだけでもびっくりなのにあのモニターが自由自在でいつの間にか現れたり消えたりするのが凄い。夜の影では廃れた街みたいなセットになるし、光ではさながら一つの街だし、A・RA・SHIではPVをイメージした感じになるし...

ほんとあれモニター何枚使ってるの、どうやって動かしてるの。

あとあと、ムービングステージがメンステ収納型みたいになってるのが凄いなぁ、と思った。そしてメンステに収納されている状態だと照明の当たり方によっては逆さ嵐が見れるようになって(あ、これは天井席だからこそ見れる景色...)って感動した。

 

そしてそして私が一番松本潤さんに聞きたいことがあるんですけど、Sugar(かな?)の大サビ前で三塁ベンチ側から頭上を通ってライトポール側にカメラが動く仕組みあれどうなってるんですか??上にカメラないよね???

びっくりしすぎてドームの天井見ながら(カメラどこあるの??)って迷子になった私の時間返してください(笑)

 

演出でびっくりしたところ感動したところはもっともっとあるんだけども!!!!!!!!!でも今回一番感動したのは生歌率が多いことです。何年か前から生歌率が高くなってきていたのは感じていたけど、今回は本当に生歌が多い。そして一人ひとり皆が歌が上手くなってるの...すごい......(個人的には相葉くんの音程のブレなさに本当に感動しました、いつからあんなにブレなくなったの??)

もう20年近く経つのに未だに進化していくのが凄い......国民的アイドルって言われるようになってもコンサートでは一切手を抜かないどころか、ここに焦点を当ててくる嵐さんの凄さ。

A・RA・SHIのあとにSong for youを持ってきて、そのあとに「未完」をもってこれる嵐さんだもんなぁ、本当にすごい。

 

 

さっきからすごいしか言ってないんですけど、だってもうなんかほかの言葉では表現出来ないの。とにかく凄いの。とにかく凄い。

映像が出たら全ジャニヲタに見て欲しいです。

今回はこの辺で終わり。

 

早くもう一回みたいです。あの東京ドームを最大限に活かした演出を早く感じたい。

次は12月24日、相葉くんの誕生日!!!!!!

 

 

映画「心が叫びたがってるんだ」共演者&関係者健人くん談

 京子ちゃん

「じまさん。

ものすごい忙しいのに、
いつも現場を明るくしてくれて、
そしていつも周りを気にかけてくれてました。

じまさんがいなかったら
4人は、クラスメイトは、
こんなにまとまらなかったと思います。

じまさんの素敵な人柄が
素敵な現場の空気を作るんだなって、
このチームに参加させてもらえて幸せです。

座長。本当にありがとう。

拓実がじまさんで
じまさんが拓実で本当に良かった。
ありがとう!」

芳根京子オフィシャルブログ「ありがとう。」https://ameblo.jp/yoshinekyoko/entry-12268169208.html

 

京子ちゃん

「『この人は大丈夫だろうか』って思ってずっと見ちゃうんですよ。目の前の席だったので、『拓実くん、話しにくかったらどうしよう。もしそうだったら私けっこう大変だぞ』と思いながらずっと探っていたんです」「本当にみんな話しやすくて、すごく居心地がいいんです」

寛一郎くん

「スチール撮影のときに中島くんが雰囲気をよくしてくれて、みんなとしゃべりやすいようにしてくれて。本当に座長だなって思いました」

映画.com

http://eiga.com/news/20170510/11/

 

杏奈ちゃん

「健人くんは、ジェントルマン(笑)」

映画ナタリー

http://natalie.mu/eiga/news/231668

 

プロデューサー日高さん

「座長として現場を率先して盛り上げてくれている」

ニュースウォーカー

https://news.walkerplus.com/article/108664/

 

 

日高さん

「中島さんは気さくな方なんだろうなとは思っていましたが、4人の中で最年長というのもあって現場では自分が引っ張っていこうというような座長感があります。それが現場でも間違いなくうまくいっていて、アニメ版のように仲の良い画になっていると思います」

シネマトゥデイ

https://m.cinematoday.jp/news/N0091366?__ct_ref=https://t.co/7WeIy6mOZz

 

寛一郎くん

 「座長の中島さんは本当に魅力的な方で、たくさんの人から愛されているなと思いましたし、僕も好きになっちゃいました。」

シネマトゥデイ

https://m.cinematoday.jp/page/A0005558?__ct_ref=https://t.co/b5AZ2iZVAa

 

杏奈ちゃん

「自分がまったく別の人間になることが大変で難しくて面白い」と目を輝かせる石井。「例えば『ここさけ』で主役の中島(健人)さんのおかげで人見知りを克服できたり、普段は話せないような大先輩方と役柄によってはタメ語で話すこともあるなんて……驚きます」

シネマトゥデイ

https://m.cinematoday.jp/news/N0092890?__ct_ref=https://t.co/SOOsSwSOfa

 

杏奈ちゃん

-一気に距離が縮まったのは、4人でいるときの空気感や居心地が良かったから…なんですかね?
やっぱり、主役の中島さんの力が大きかったのかなと思いました。率先して引っ張ってくれて、それについていったら自然と輪ができていたという感じだったので、何より中島さんのおかげだなと思います。

ライブドアニュース

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13351756/

 

京子ちゃん

「テレビで拝見させていただいていて、キラキラした印象だったので、あまりお話できないかなと勝手に印象を持っていたんですが、全然そんなことはなく、拓実がその場にいるような、優しくてやわらかい方でした。中島さんが拓実だったから私も順になれたんだと思います。」

モデルプレス

https://mdpr.jp/interview/detail/1701675

 

寛一郎くん

「とにかく素晴らしいなって思いました。根っからのエンターテイナーでみんなを笑わせたり、常に楽しませようとするし、キャスト、スタッフに対して誰にでも分け隔てなく話しかけてくれるんです」。

cinemacafe.net

http://s.cinemacafe.net/article/2017/07/20/51147_2.html

 

杏奈ちゃん

──主演の中島さんの印象を教えてください。

中島さんは、音楽とお芝居、両方でお仕事をされているので、どんな方なのだろうと思っていたんです。実際にお会いしてみたら、お仕事のプロというよりも、“人間のプロ”でした。どこまでも気さくで、完璧で、体調が悪くても、それを隠して座長らしく振る舞っていたんです。その姿を見て、中島さんのような方が“人間のプロ”なんだと思ったんです。とはいえ、そういった真面目な面もありつつ、ふざけたり、面白いことをいって現場を盛り上げてくれるところも「すごいな」と思いました。

──どんな面白いことを言っていたんですか?

中島さんが、現場で「セクシーサンキュー」と返している姿を見て、笑ってしまったんです。でも、中島さんは「笑うんじゃなくて、“キャー”という所だよ」と教えてくれたんです(笑)。それからは「ここは“キャー”っていう所かな」「ここは素直に笑っていいのか」と、“中島さん語録”の対応を勉強しています(笑)。

otoCoto

https://otocoto.jp/interview/anna-ishii/

 

 また、撮影エピソードでは、芳根が『最後の晩さんに何が食べたいですか?と聞いたら、『俺に最後の日はない』って言われました』と暴露。石井からも、「中島さんは人間のプロ。疲れた表情を見せないから、疲れることないんですか?って聞いたら『俺の人生はすべてハッピーエンドだからそんなことないよ』と言われました」と更に暴露され、珍しくたじたじになる中島。続けて寛一郎も「常に裏でもこういう人。気持ち悪いですよね、ちょっと(笑)」と苦笑い。

完成記念プレミアイベント(7月5日)レポート

http://kokosake-movie.jp/special/premiere_report/

 

齋藤プロデューサー

――実際に試写会を行ってみて、10代の方たちの反響はいかがでしたか?

やはり中島さんの人気のすごさを改めて感じました。中島さんは、アニメ版の拓実をきちんとリスペクトして役作りをしてくださったので、中島さんの新たな一面が見られたとおっしゃってくださったファンの方もいました。中島さんはこれからもいろんな映画に出演されていくと思いますが、これまでのイメージとは異なる人物像を本作で見せていただいたという意味では、ファンの心にもずっと残っていく作品になるのではないかと思います。そうやってこの作品が皆さんの心に残っていってもらえるなら嬉しいですね。

ORICON NEWS

http://www.oricon.co.jp/confidence/special/50174/

 

※久しぶりにネットニュース分のみ更新しました。いよいよ明後日公開。映画「心が叫びたがってるんだ」がたくさんの人に届きますように...!!

f:id:kento03131013:20170510145609j:image

 

 

 

健人くんインタビューまとめ

シネマトゥデイ

中島健人が両親に芸能界入りを宣言した日」

https://m.cinematoday.jp/news/N0092889?__ct_ref=https://t.co/5CQvKL8qgh

 

オリコンニュース

中島健人、王子様トークの裏側に!?「スベるかも…と思うと怖くて発言できない」』

http://www.oricon.co.jp/special/50137/?ref_cd=jstw003

 

シネマトゥデイ

心が叫びたがってるんだ。中島健人インタビュー
https://m.cinematoday.jp/page/A0005559?__ct_ref=https://t.co/BsLkshXoi4

 

モデルプレス

Sexy Zone中島健人インタビュー>「ここさけ」実写化で“最大の罪”が明らかに?言葉、そして“夢”と向き合う―「絶対にブレることはない」

https://mdpr.jp/interview/detail/1698743

 

 

 

 

完成披露試写会行ってきたよ。

こんばんは。

タイトル通り今日(っていうか昨日)は、「心が叫びたがってるんだ」の完成披露試写会に行ってきました!!(って書いてる途中で寝落ちしましたw)

ハガキが届かなかったので、完全に諦めていたらまさかの土曜日に届きまして本当に嬉しい限りです...(今年の現場は負け知らず状態で怖い)。

 

エキストラに参加していたのでそこのシーンが最高の出来になるのは分かっていましたが、他のシーンも最高で!!!!

感情が抑えきれないのでネタバレしない程度に騒ぎます!!!笑

 

 

もうとにかく、健人くんの演技が最高。京子ちゃんの演技も最高。杏奈ちゃんの演技も最高。寛ちゃんの演技も最高。脇を固めてるキャスト全員の演技が最高。とにかくこの人のこの演技がちょっと...みたいな所が一切無いのは勿論のこと。感情が動いたシーン、言いたいことを心の中に閉じ込めたシーンの演技が分かりやすくて、登場人物全員に感情移入したくなる。

というか、全員の気持ちが少しずつ分かるからそこの噛み合わない感じがもどかしくもあり、でも高校生の頃ってそうだよなぁ、と思って懐かしかったり。

 

私割と序盤からずっと涙堪えていたんですけど、最後の方はもう涙止まらなくてずっと泣いてたよね(笑)

隣のお姉さんと同じタイミングで涙拭った時は思わず笑ったけどw

 

泣ければ良作って訳では無いと思うから「泣きました、泣けます」って言ってもしょうがないいんですけど。なんて言えばいいのかなーーーー。

 

とにかく、感情が動かされるそんな映画です。私がごちゃごちゃ言うより観てもらった方が早いと思うので、本当に早くたくさんの人に観てもらいたい。ファンの人だけじゃなくてね、もっともっと沢山の人に観てもらいたい。でもね、そうなると思います(誰)。沢山の人に届くはず。

 

そんな映画のエンドロールで一番に流れる自担の名前はやっぱり誇らしいね。嬉しい。

健人くんの引き算の演技好きだな~と思ったし、誰って感じなんですけどまた演技上手になったなぁと思ったり。作品観ながら"健人くんが演じてる"ってことを思い出さない、忘れてる映画でした。ずっと坂上拓実だった。あ、ミュージカルのシーンは中島健人だけど。笑

拓実さんかっこよすぎて素敵すぎて、ここさけ出の健人担がまた増えるなぁと思ってワクワクしてます♡♡

 

公開日までだけで約80回(私調べ)試写会があるはずなので、観た人たちとここさけが最高だって話沢山したいです!!!(宗派が独特すぎて友達いないけど笑)

コメント待ってます!!!笑

 

ここさけ沢山の人に届きますように!!!